言葉って面白いですね。

By fujita, 2017年11月16日

おはようございます!

菓子工房フラノデリスの藤田美知男です。

今月の限定の「オペラ」を紹介しようと思うんですが

その前に、少し脱線して、おもしろエピソードです。
徳島の友人とスキーに行ったんですが
その時のスキー場のレストランでの会話。

友人「カツ丼とサンドイッチ2つ食べたら、セコイかえ?」
私「2つも注文してるんだから。全然セコくないけど!」

食べ終わってから…

友人「あーセコイ」

私「え?」

ちょっと使い方が違ってるかも知れませんが。
「セコイ」は徳島では、お腹いっぱいで苦しい
ってような表現だったんだと思います。

同じような言葉で全然逆の事もあったりしますね。
ほんと言葉は面白いし深いですよね。

ここからは、お菓子の紹介です!

今月お届け限定の「オペラ」なんですが。

オペラって言うお菓子は、
アーモンドをたくさん使って焼き上げる
「ビスキュイジョコンド」って薄くて重めの生地を使います。

その「ビスキュイジョコンド」なんですが、
ダヴィンチのモナリザのモデルの人の事だそうです。

そのビスキュイジョコンドって生地に
ガナッシュと珈琲のクリームを交互にサンドするんです。

それで、間の「ビスキュイジョコンド」にはたっぷりと
珈琲のシロップをアンビベ(シロップを染ませること)します。

フラノデリスでは、もちろん、珈琲は自家焙煎のオーガニックの
珈琲を使ったシロップです。

オペラは、普通は、四角く作ってカットするので、
長方形が多いんですが、フラノデリスでは丸く作ってます。

そして、「オペラ」の始まりは
日本にもあるフランスの洋菓子店「ダロワイヨ」ではじめに
作られたもののようです。

私も「オペラ」は大好きなお菓子です。

味はしっかりとして、重いですが、ワインにも合いますが
私は、牛乳を飲みながらオペラを食べるのが好きです。

菓子工房フラノデリス

オーナーパテイシエ 藤田美知男