実家のこんにゃく(絶品!)

By fujita, 2019年1月23日

高校卒業まで住んでたのが、岐阜県の田舎(かなり)

私が住んでいた頃は、春日村って言っていたんですが

合併して、今は「揖斐川町春日」って住所。

私の実家はそこで仕出し屋をやっています。

弟が後を継いでやってますね。

そこで小さい頃からよく食べていたのが

実家でつくつている「こんにゃく」

これがまた美味しい!!

小さい頃は当たり前にこれが「こんにゃく」だったので

普通だと思っていました!

でも、一般的にスーパーとかに売られているこんにゃくを食べると思う。

全然違う。

実家の「こんにゃく」は格段に美味しい。

格段どころではない美味しさ。

だってね、ほとんどこんにゃく芋。

こんにゃく芋の皮を剥ぐところから全部手作り。

本来はこう言うものだよな。

なぜかそれが今は特別。

オーガニックだってそう、本来はそう言うものなの。

農薬を使うのが普通になると、使ってないものが特別。

やっぱ本来の味が美味しいね。

富良野の友人にこんにゃくをプレゼントすると。

みんな喜んでくれます。

そして、ほとんどの人がまた食べたいって言ってくれますね。

本来あるべき材料をあるべき姿で作りたいです。